咽頭淋病の症状とは?

咽頭淋病について

ノドに感染する淋病について

性病のなかで、感染者が多いと言われている淋病の原因となるのは、淋菌という細菌であることが知られています。

 

淋菌は性器だけでなく、咽頭(ノド)に感染することもあります。

 

淋菌は感染力が強い細菌です。最近では、抗生物質に耐性を持っている淋菌の存在が報告されています。

 

それらは、スーパー淋菌などと呼ばれているようです。

 

淋菌がノドに感染すると、咽頭淋病と呼ばれます。

 

咽頭淋病の症状としては、ノドに違和感を感じたり、痛みや炎症、発熱を伴うケースもあるようです。

 

咽頭淋病の症状には、個人差があるので、症状が軽いと感染者本人が気づかないケースもあるといわれています。

 

風邪でもないのに、喉に違和感を感じたら咽頭淋病の可能性が疑われます。

 

淋菌に感染したと思われる行動を思い出してみましょう。

 

風俗店で遊んだ、異性や同姓と性交を持ったなどです。

 

検査をしてみないと、咽頭淋病に感染しているかどうかは分かりません。

 

気になる症状がある人は、咽頭淋病の検査を受けてみましょう。

 

検査の手段としては、病院や保健所の他に市販の咽頭淋病検査キットというものもあります。

 

咽頭淋病検査キットとは自分で検体を採取して検査機関で感染の有無を調べてもらう検査キットです。

 

主にインターネット通販で購入できます。

 

咽頭淋病検査キットの使用方法は簡単ですし、痛くないので安心してくださいね。


ホーム RSS購読 サイトマップ