淋病の原因と感染経路

淋菌について

淋菌は感染力が強い

ここでは、淋病に感染する原因となる淋菌について特集したいと思います。

 

淋菌は感染力が強い細菌で、淋菌の感染者との性交では、30%程度の確立で感染するといわれています。

 

この場合は、性器に淋菌が感染するということですが、オーラルセックスにより、淋菌は喉にも感染することがあります。

 

また、ディープキスにより、喉から喉へ感染することも考えられます。

 

オーラルでの感染は風俗店で遊ぶ男性に多いと考えられます。

 

お店で遊んだ後に、喉や性器に異常を感じたら、淋病の検査を受けることをお勧めします。

 

また、淋病とクラミジアは症状が似ているので、検査をしないと判別がつかないのが普通です。

 

病院で効果的な治療を受けるためにも、淋病とクラミジアの検査を同時にしておきましょう。

 

淋菌の検査は簡単です。男性は尿検査で女性は膣分泌物を調べるだけです。

 

最近では、淋菌検査キットというものが市販されています。

 

もしも、病院に行く時間がなかったり、心理的に抵抗がある場合は淋菌検査キットの利用も有効です。

 

淋菌検査は血液検査ではないので、採血に伴う痛みなどがないので、恐れる必要はありません。

 

例えば、HIV検査と淋菌の検査は異なるのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ